ビジネスマガジン~会社員の為の副業知識まとめ

男性・女性問わず役に立つビジネススキルや副業、転職の豆知識などを 紹介していきます。商品の販売だけではなくサイトを訪れるお客様の事を第一に考えたコラムを 配信していきます。 転職、副業、投資、ビジネススキル向上などカテゴリーごとに 詳しく解説しております。 宜しくお願い致します。

副業として学べるプログラミングスクールFREEKSについて解説

※こちらはイメージ画像です。

プログラミングスクールFREEKS

詳細は⇧をクリック☆

 

こんにちは。

管理人のマーメイです。

現代社会では

終身雇用が保証されないことが多いことが多いです。

大手企業でも副業を推奨することが

多くなってきています。

副業を始めるのに何から

始めていいかわからない人も多いと思います。

今回はスキル型副業の一つとして

プログラミングを学べる

プログラミングスクールFREEKSに

ついて紹介してきます。

 

 

1.Freeks(フリークス)とは

Freeks(フリークス)は、

サブスクリプション型のプログラミングスクールです。

毎月固定の金額で全てのカリキュラムが

学び放題になるシステムを導入しており、

学ぶ意欲やスケジュールに合わせて

自由に利用できるとして話題になりました。

初心者向けのプログラミングカリキュラムが多く、

サポート・課題添削・教室利用をしても

金額が変動しないこともポイントです。

 

 

2.Freeks(フリークス)を受講するメリット

・他社に比べて料金がかなり安い

Freeksは月額約1万円で全てのコースがオンラインで学び放題です。

入会金も必要ありません。

月々数十万円〜と高額な受講料を支払う必要のある

プログラミングスクールが多いなか、

Freeksは月額(サブスク)制であるため、

コスパ良く学ぶことができます。

受講期間も無制限なので、

納得するまで学習を続けられますし、

追加料金が発生することもありません。

・6種類のコースが学び放題

Freeksには、

以下の6つのカリキュラムが用意されています。

それぞれのコースではその言語だけでなく、

実際にエンジニアとして働く際に必要となる

様々なスキルを取得できます。

Freeksの6つの学習コース

PHPコース

Javaコース

Pythonコース

JavaScriptコース

・AndroidJavaコース

・HTML/CSSコース

現在はこれらの6つのコースが受講可能ですが、

学習コースは今後も増えていく可能性があります。

・現役エンジニアによる勉強会に参加できる

Freeksでは、

現役のエンジニアが直接教えてくれる

勉強会を毎日開催しています。

カリキュラムのことだけではなく、

開発中のシステムや現場で必要となる

実践的な知識を教えてくれます。

勉強会は夜の9時頃から毎日開催されています。

勉強会だけでなく、

模擬プロジェクトの参加も追加料金なしで

受けることが可能です。

エンジニアとして働く前に模擬プロジェクトに

参加できるのはとても有意義な経験になります。

・手厚い転職サポートが受けられる

Freeksを運営している

Y&IGroup株式会社には、

かなり多くの提携先企業があるので、

希望に合った転職先も見つけやすいです。

一般に公開されていないような非公開求人も

紹介してもらえます。

 

※こちらはイメージ画像です。

3.まとめ

プログラミングスクールFREEKSについて紹介してきましたが

リーズナブルに習うことができるというのは

副業を始めるにはちょうどいいかなと思いました。

スクールで学んだスキルは一生ものですので

是非始めてみるのいいかもしれないです。

無料カウンセリングを行っていますので

興味のある方は是非受けて疑問をぶつけてみましょう。

下記のバナーからお申込みができます。

 

常に転職の準備だけでもするべき理由

 

こんにちは。

管理人のマーメイです。

現代社会では終身雇用が事実上の崩壊を迎え、

以前より転職が身近になった現代の日本社会。
ですが、世の中には

「今の仕事に満足しており、日々充実しているので転職の必要は全くない」

という人もいるでしょう。

しかし、結論から言うと

「どんな人であっても、常に転職の準備は行うべき」

であると言えます。
今回は、この転職の準備が必要な理由についてを解説します。

 


1.正社員でもリストラの可能性は常にある


正社員で働いている人の場合

「強力な解雇規制に守られているので、

会社の経営が悪化した程度では失業の心配はない」
と考えている人もいるのではないでしょうか。
しかし、実際はそのような甘いものではありません。

現代の日本企業では、

業績が順調であっても容赦なく整理解雇を行う

(いわゆる「黒字リストラ」)事例が多くなっています。
これは、ITサービスやロボット技術の発展によって、

少ない人員で日々の業務を進めることが

できるようになったことから
余剰となってしまった従業員を削減し、

人件費の負担を抑えることが主な狙いとなっています。


・具体的な事例

富士通パナソニックみずほ銀行などの

大手企業において主に45歳以上を対象とした
早期退職の募集が行われたことが記憶に新しいでしょう。

もちろん、あくまでも「募集」であるため、

会社から早期退職を求められても断ること自体は可能です。
しかし、早期退職に応じない従業員に対して

「長時間の個別面談を行い、退職してくれるように説得する」
「勤務中に暴言を吐かれる、理不尽に仕事の量を増やされる」

といった、いわゆる

「追い出し部屋」とも言えるような
扱いを受ける可能性もあります。
このため、早期退職を求められても応じずに

会社に留まるというのは現実的とは言えないでしょう。


2.万が一に備えて、すぐに求人に応募できる体制を整えよう


「正社員で働いており日々の仕事も充実している」

という場合であっても日頃から転職に向けた

下準備は欠かせないと言えます。
具体的には、
「週に2~3日ほどは転職サイトの求人を確認し、

世間にはどのような仕事があり、

またどのような能力が求められているかを把握する」
「1ヶ月に1回ほどの頻度で職務経歴書の内容を見直し、

転職の場でアピールできそうな実績を見つける」
などがあげられます。
この他、履歴書の使いまわしができる部分

(名前や生年月日・学歴職歴など)

を複数枚書き上げ、常備しておくのもおすすめです。

 


3.まとめ


現代の日本社会は、

たとえ正社員であっても

いつ整理解雇の対象となってもおかしくありません。
突然のリストラにも怯えることのないよう、

日頃から転職に向けた準備を続けることは

とても重要なことと言えるでしょう。

20代からスタートできる資産形成ieyasu(イエヤス)のメリットについて紹介

※こちらはイメージ画像です。



ieyasu(イエヤス)

詳細は⇧をクリック☆

 

こんにちは。

管理人のマーメイです。

20代から30代の方で

家探しを始めるにあたり、

多くの人がまず物件検索サイトで情報を探し、

不動産会社に問い合わせをしますよね。

世の中に不動産仲介会社は多数ありますが、

その中でieyasuを利用するメリットは何なのでしょうか。

3つのポイントに分けて詳しく解説していきます。

 

 

ieyasuのメリット・特徴

 

1.物件探しの手間が最小に抑えられる

ieyasuの特徴として、

他の物件検索サイトを使う必要がない、

ということが挙げられます。

条件を登録するだけで

物件を自動的に提案してもらえるのは、

非常に楽ですよね。

一般的な家探しでは、

問い合わせ先(不動産会社)や担当者が物件ごとに異なるため、

同時に複数の不動産会社とやり取りする必要があり、

時間も手間もかかります。

しかしieyasuを利用すれば窓口を一本化することができるので、

家探しにかかる手間も時間も節約することができます。

 

2.独自のビッグデータを活用した物件提案

独自のAIとビッグデータを利用して物件提案をしていることも、

ieyasuの大きな特徴です。

ieyasuは資産価値の高い東京都を中心に、

約2万件のビッグデータを所有しています。

そのビッグデータを元に、

さらに需要の高い場所を厳選して販売しているので、

将来的に目減りしにくい物件を手堅く選ぶことができるのです。

また資産形成を目的として物件を購入しようとしている場合、

将来的に売却した場合の推定価格までAIが算出してくれる点も魅力的です。

 

3.仲介手数料の上限が100万円

さらにieyasuのメリットは、

仲介手数料の上限が100万円と決まっていることです。

不動産を購入する場合、

仲介手数料として

最大「物件価格の3%+6万円+消費税」

を不動産仲介会社に支払います。

しかしieyasuでは、

この仲介手数料を

「一律100万円(税別)」

としているため、

他の仲介会社で購入するよりも

手数料を抑えることができます。

 

※こちらはイメージ画像です。

 

今回は20代から30代の方が資産形成を

スタートできるieyasuを紹介してきましたが

メリットを調べているなかで資産形成をするのに

始めやすいと思いました。

ieyasuでは無料相談をしていますので

WEB面談、直接面談どちらも対応していますので

興味のある方は1度お話を聞いてみるのもいいと思います。

下記のバナーからお申込みができます。

 

転職に役に立つ?おすすめの資格を紹介

 

こんにちは。

管理人のマーメイです。

この記事を見ている人の中には

「資格なんてあっても意味はない、実務経験以外は評価されない」
といった認識を持っている人も多いでしょう。
確かに簿記やTOEICといった一般的な資格の場合は、

それ単独では転職の成功に繋がることは稀でしょう。

しかし、自動車免許や今回紹介する資格などの

「業務独占・法定業務」

「必置義務」

が存在する資格の場合は
必ずしもこの図式は当てはまらず、

転職にあたって大きな力になってくれることもあります。
今回は、このような転職に役立つ可能性が高い

と言えるおすすめの資格をいくつか紹介します。

 


電気工事士危険物取扱者など、現場仕事系がおすすめ

この記事でおすすめする資格は主に

現場仕事系(ブルーカラー)が主体となり、

代表的なものとしては、
危険物取扱者(乙4が最も有名)」
電気工事士(一種と二種があり、二種であれば

実務経験の要件や免許更新制度なども課されません)」
などがあります。

これらの資格には

「資格保持者しかその作業を行ってはいけない(業務独占・法定業務)」
「事業所ごとに、規定された人数以上の資格所持者が在籍しなければならない(必置義務)」
といった規定があり、

転職において有利に働く可能性が高いのが特徴です。

この他、現場仕事では2020年代の今もマニュアル(MT)の車が

社用車として用いられる会社が多く存在します。
このため、AT限定で自動車免許を持っている場合は

自動車学校で「限定解除」の教習を受けて
マニュアル車にも乗務できるようになると応募できる

求人の幅が広がることでしょう。


税理士や司法書士なども優秀だが、取得の難易度が高すぎる

 

業務独占の資格としては、

他にも

「司法試験(弁護士・検察官・裁判官)」

「税理士」「司法書士

などの士業系資格も存在します。
しかし、これらの資格は年単位の非常に長い学習期間が必要かつ、

難易度も極めて高くなっています。
司法試験と税理士に関しては

学歴・資格などの受験資格も課せられていることもあり、

この記事ではあまりおすすめしていません。

ただし、現在勤めている会社の仕事内容が

これらの士業資格に類似しており、

キャリアアップに繋げやすいなどの理由がある場合は
この限りではありません。

 


まとめ


日々の仕事に追われ

自由時間の捻出が難しい社会人の世界では、

資格等の自主学習においても
その学習内容の適切な厳選が不可欠と言えます。
比較的短い期間で取得が狙え、

転職の成功やキャリアアップに繋げやすい資格の取得は
今後の人生に大きく役立てることができるでしょう。

プロパティエージェントの特徴やメリットを解説

※こちらはイメージ画像です。

 

【セミナー】不動産投資 プロパティエージェント

詳細は⇧をクリック☆

 

こんにちは。

管理人のマーメイです。

会社員の方で現在の収入とは別に

稼ぎが欲しいや節税対策として不動産投資を

したいと思っている方が多いと思います。

そんな方たちに今回は不動産投資の

プロパティ―エージェントについて解説してきます。

 

 

プロパティーエージェントとは?

プロパティエージェントは

2018年7月に「東証一部上場企業」として上場、

不動産投資物件の販売だけでなく、

管理・運用までワンストップサービスで提供している企業です。

他にも

「DRONE受け取りポート」

「宅配ロボット」

「リアルエステートコイン」

などのITテクノロジー事業も展開しています。

IT技術を駆使した不動産サービスの展開が期待できる事業者です。

 

プロパティーエージェントを利用する4つのメリット

入居率99.5%超

プロパティエージェントが提供する投資用不動産の入居率実績は、

99.5%と高い数字を誇っています。

マンションなどの賃貸物件は、

入居者がいなければ収入を得られません。

そのため、入居率は収入に関わる重要な数値です。

プロパティエージェントでは、

仲介業者への紹介営業強化など入居者の募集に力を入れており、

高い水準で入居率を維持しています。

また、家賃滞納率も1.0%前後と、

首都圏の滞納率平均6.7%に比べ低い数字というのも魅力ですね。

高い入居率と低い滞納率の不動産であれば安定して収入を得られるので、

投資家にとって大きなメリットと言えるでしょう。

 

不動産テックに力を入れている

不動産業界は、まだアナログな部分が多く存在し、

非効率や不透明という課題を抱えています。

プロパティエージェントでは、

IT技術を駆使したビックデータ分析や

情報サイト運営、

宅配ロボットによる宅配集配サービスなどの

研究・開発に取り組んでいます。

不動産テックを進めることは、

不動産の価値をより高めることに繋がり、

投資家や入居者にとっても魅力的なものとなるでしょう。

 

提携している金融機関が多い

プロパティエージェントは、

用地の仕入れ、販売、管理、仲介、売却に至るまで

一貫してビジネスを展開しています。

そのため、取引先の金融機関が10社(2022年6月現在)と多いのも特徴です。

提携している金融機関が多いと、

不動産投資用物件を購入する時に

自分の条件に合わせたローンプランを選ぶことができます。

 

購入後のサポートが充実

プロパティエージェントでは、

次のようなオーナーの運用を徹底的に

サポートする体制が整っています。

入居管理や設備故障等のサポート物件運用の再プランニング

売却のご相談無料で税理士とマンツーマンで

受講できる確定申告相談会の開催

など以上のように、

アフターフォローが充実しているため、

オーナーの満足度も高いです。

先にご紹介したように、

「投資家向けマンションディベロッパーに対するオーナーの意識調査」

でも、3年連続で顧客満足度No.1を獲得しています。

 

※こちらはイメージ画像です。

 

プロパティーエージェントについて

解説してきましたが

現代社会に合わせたサービスの提供や

サポート体制が充実している点など

初心者でも不動産投資に参入しやすい

印象を管理人の私は思いました。

無料セミナーを開催していますので

気軽に参加して説明を受けてみるのもいいですね。

下記のバナーからお申込みができます。

 

【セミナー】不動産投資 プロパティエージェント

不動産投資を始める前に知っておきたいリスクを紹介

 

f:id:osgood0221:20210408144333p:plain

 

こんにちは。

 

管理人のマーメイです。

 

突然ですがコロナウイルスが蔓延している

 

世の中で給料が減った、ボーナスがなかったなどを

 

理由に不動産投資を始めようと考えた人は

 

多いと思います。

 

今回は

 

不動産投資を始める前に知っておきたいリスクを

 

紹介していきます。

 

  

<不動産投資の代表的なリスクとは?>

 

不動産投資における最大のリスクは、

 

・空室のリスク

・自然災害のリスク

・家賃の下落リスク

 

です。

 

ここからは不動産投資のリスクについて3つに絞ってわかりやすく解説します。

 

<空室リスク対策>

 

 空室リスク対策はズバリ、物件選びがポイントです。

 

1.入居者の需要が高い場所の物件を選ぶ

日本全体で見た場合、

 

年々人口は減少していますが、

 

東京や大阪、愛知など三大都市圏には

 

転入者が集中しています。

 

つまり人口が増加傾向なのです。

 

そうした条件に

 

さらに駅チカなどの好条件、

 

さらに徒歩圏内にスーパーやコンビニ、

 

ドラックストアがある物件を

 

選ぶことが大きなポイントです。

 

実際20代~30代多くは

 

徒歩10分以内の物件に住みたいと

 

回答するそうです。

 

2.信頼できる管理会社選び

不動産投資をしている会社員の方の多くは

 

管理会社にほとんどの業務を委託しています。

 

例えば入居審査や家賃の集金、

 

滞納時の対応などです。

 

利点は、忙しい会社員でも

 

こまごまとした対応は

 

丸ごと管理会社に任せることができます。

 

もちろん信頼できる管理会社を

 

選ぶことが重要となります。

 

管理会社によって

 

滞納保証を行っているところもあるので、

 

事前に確認しておきましょう。

 

<災害リスクへの備え>

これは鉄則ですが、

 

物件を購入する時には必ず

 

火災保険に加入しましょう。

 

火災保険といっても補償の範囲は火災だけに限定されず、

 

落雷

破裂・爆発

風災・雹災・雪災

水濡れ

水災

盗難

騒擾・集団行為等に伴う暴力行為

建物外部からの物体の落下・飛来・衝突

 

など多岐にわたります。

 

保険会社によって多少の違いはあるものの、

 

火災保険に加入しているだけで

 

多くのトラブルから投資用不動産を

 

守ることができます。

 

なお、地震は補償範囲に含まれていないため、

 

火災保険に付加する形で加入する必要があります。

 

 <家賃下落のリスクに備える>

記載した物件選びのポイントにも関連しますが、

 

需要の高い物件を選ぶことにより、

 

空室リスクだけではなく、

 

家賃の下落リスクに備えることができます。

 

東京は678万世帯のうち、

 

292万世帯を単身世帯が占めているというデータもあり、

 

さらに2035年には

 

単身者世帯が50.2%になるといわれています。

 

会社員の方が初めて不動産投資をするのであれば、

 

単身者用マンションも視野に

 

探してみてはいかがでしょうか。

 

ワンルームマンションは

 

銀行からの融資を受けやすいことも利点の一つです。

 

 

<不動産投資を始める前に情報収集をしよう!>

 

不動産投資の情報収集方法には主に、

 

・書籍

セミナー

・資料請求

・インターネット

 

など、さまざまな方法が挙げられます。

 

最近では

 

会社員が実際に不動産投資をした成功談や失敗談など、

 

自身の体験談を元にした

 

ブログや書籍なども多くあります。

 

関連書籍を1~2冊読んでみる、

 

すでに不動産投資を始めている人に話を聞いてみる、

 

など、物件を購入する前に

 

ご自身で納得できるまで

 

しっかり情報収集をしましょう。

 

体験談やセミナーなどは

 

どうしても主観が入りますので、

 

複数の方法で情報を集めることがポイントです。

 

f:id:osgood0221:20210408144357p:plain

 

今回は不動産投資のリスクについて

 

紹介してきましたが

 

投資はやはり事前情報をしっかりと

 

調べておく必要がありそうです。

 

不動産投資を始めようと

 

考えている方は

 

是非参考にしてみてください。

 

仕事の効率化で時間が増える⁈働き方のポイントを解説

f:id:osgood0221:20210424211209p:plain



 こんにちは。

管理人のマーメイです。

 

突然ですが人生において、

仕事に費やす時間は非常に大きいでしょう。

少しでも効率よく進めて、

時間を増やしたいですよね。

 

しかし職場の環境の変化や時期によって

忙しさにもばらつきがあります。

本記事では今の働き方に改善が必要だと感じている人へ、

効率のよい仕事の進め方ついて

解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

 

 

仕事の効率が良い人はどこが違う?

 

1.仕事の完成度に完璧以上を求めない

仕事の効率が悪い人の特徴は、

業務の緊急性と重要性を

正確に把握できていない人が多いでしょう。

「完璧主義者」と呼ばれる人は、

細部まで完璧を求める傾向があり、

無駄な業務が発生しています。

 

仕事の内容によっては

完璧な作業が大事な場面もあります。

しかし要所を押さえ早めに提出できる作業のほうが

高い評価につながります。

作業手順の優先順位を上手くつけられることで、

効率のよい仕事にもつながっているのです。

 

一方で効率の悪い人は

仕事の優先順位があいまいで、

整理が出来ずなんとなく仕事を

進めてしまいがちです。

 

結果として、仕事が分散し、

自分が何をすべきか

把握できなくなってしまいます。

 

2.明確な目標設定

効率よく仕事をするためには

目標設定が大事です。

 

明確な目標がある仕事は

集中した取り組みができ、

継続して効率よく仕事を

進められます。

 

日々の目標の達成や1カ月または半年などの

目標達成で効果を実感でき、

モチベーションの維持にもつながります。

 

3.身の回りの整理整頓

常に整理整頓を心がけることで、

効率よく作業が進み仕事の成果が期待できます。

 

パソコンの中も同様です。

ファイル・フォルダを整理し、

パソコン業務がスムーズに行える状態に

できれば作業ロスを大幅に減らせます。

 

整理整頓することは、

時間や作業の無駄をはぶくと同時に、

自分の頭や心の中を整理するうえでも重要です。

 

4.時間管理

毎日必要となる作業は

時間を区切って行うことで、

集中でき他の仕事に費やす時間が

増やせます。

 

効率的に業務を行うためには、

落ちついたメンタルの状態を

保つことが重要です。

 

毎日の仕事時間を分割し、

適度なリフレッシュできる時間も作り出すことにより

充実した作業が行えます。

 

仕事の効率は、

意識して変えていくことで

身についていくでしょう。

 

f:id:osgood0221:20210424211240p:plain

 

スキルを高めることは重要ですが、

仕事の全体像を理解したうえで

業務に取り組むことや、

完璧な仕事を求め過ぎないことが重要です。

 

仕事の効率の良し悪しに違いがありますが、

効率の悪い人はその原因の部分を把握し

改善に取り組むことが大切です。